2016年01月12日

こんなこと言ったら炎上する?

こんばんは

若林かおりです。


NHKドラマ小説
「あさが来た」の原案本
「土佐堀川 広岡浅子の生涯」を読みました。



いやーもうなんか、
全力疾走
命燃やしながら生きている!!

という感じですね。

女性の地位が低い明治の世で、大成した女性実業家ってスゴイ。

やっていること、考え方、
完全に中身は男性だとは思うけれど、
その事業家の能力を持って、女性に生まれたのには、また意味があったのではないかと思う。

女性であるからこそ、
女性の地位の低さに疑問を感じ

あの時代に女性活用をしようと試みる
(女性行員の教育)

日本女子大学の創立にも関わる。

後世の女性に与えた影響はスゴイと思う。

ところで

この広岡浅子さん、
いうことがズバッとしていて清々しい。

例えば、
「人をあてにするだけの怠け者に金を上げるのは、慈善事業も笊から水が漏るようなもんや」

与える支援を全部否定するわけではなくて、
一時的にはいいけれど、依存心を起こさせるような支援ではなく、
(一見、厳しいけれど)自立できる支援をと言っている。

私も同じことを思っています。

本当の支援とは…
と、常々思うところがあります。


けど、私の発信は、
歯茎にものが詰ったように気持ち悪い


…遠慮しているのね。

今、女性、特に子育て中の女性に「頑張らないと!」「自立しないと!」と声をあげたら炎上するわ。
腫れ物に触るような…(苦笑)


「私はこう思う!」という発信
信じたことを発信する勇気と力をもっと持ちたい。


広岡浅子さんの考え、生き方に共感するとともに、
自分の発信力を思ったのでした。

私は何を発信したいの?

と、立ち止まって考えるキッカケにも。


そして、この明治の時代の人間の生きる力とエネルギーを感じ、
今もまた変革の時期
これからますますコーチングが必要となる。
と感じたのでした。

一人一人の人間力が、これから迎える時代を乗り切る!!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(あり方)の記事画像
まわりの雰囲気が悪い理由
ゴールへの近道はない
褒められて、非常に不快だった経験
生きるに値する人生
コミュニケーションは、自分磨き
何かが足りない…。
同じカテゴリー(あり方)の記事
 まわりの雰囲気が悪い理由 (2015-12-14 12:26)
 自分のタイプは、自由自在に操る (2015-07-27 15:10)
 ゴールへの近道はない (2015-07-12 12:00)
 褒められて、非常に不快だった経験 (2015-06-17 14:40)
 生きるに値する人生 (2015-04-06 12:12)
 コミュニケーションは、自分磨き (2015-04-03 21:00)
Posted by かおり at 22:33│Comments(0)あり方
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。