2015年08月20日

こんな話を暴露するのは恥ずかしいのですが…

こんにちは。


若林かおりです。


コーチングの効果が出る人と出ない人の違いを書いてみます。

私自身の経験と、

クライアントさんたちの傾向を見て。


単純にコーチングが合う、合わないというのもありますし、

タイミングというものもあります。

コーチングが絶対的なものではないということを前提として。


まず、私がコーチングで成果を得ている2つの理由。

一つ目は、

お休みすることもなく、3年以上、月2回のコーチングをしっかり受けていること。




こんなことを暴露するのはお恥ずかしいばかりなのですが、

コーチングに出会った頃というのは、

なんとも高額なパーソナルコーチングに、

正直、もったいないなーと思っていました。


月に1回にならないかな、とか

1ヶ月お休みしようかなー、などと考えていたことも。

私のコーチのコーチングに、お休みや月1回というものがなかったし、

なんか言い出せなくて、

(コーチングをもったいないと思っている自分を知られたくなくてね)

節約(ケチ?)心が出ながらも、ルール通り受けていた時期がありました。


自分にそんな心があるものだから、

初期の頃は、自分のクライアントさんは、

お休みも、月1回がいいという申し出も受け入れていました。

で、どういうことが起きたかというと、


成果が出ないの!

セッション内でも、話の進みが遅いし、

セッションとセッションの間も、行動されないし、

挙句、コーチングの日を忘れられちゃうくらい。

で、結局、コーチング辞めちゃう。


しっかりとルール通り、月2回受け続けられる方は、

徐々に変わってくる!

もう2年以上受けてくださる方も数名いらっしゃいますが、

全員そのタイプ。

大事なのは、

やるなら、しっかりやる。


中途半端は、得られる成果が、半減どころか、

ゼロに近くなることを実感しています。


お休みしたり、負担を半分にしたおかげで、

出すお金は減ったかもしれないけど、

出したお金は、活きて返ってこなかったのではないかな?!

それこそ、もったいない。


これは、コーチングに限らず言える事だな、と思う。


得られることって、

自分がそれとどう向き合うか、どれだけ真剣に向き合えるか。

それを阻むお金のブレーキは、なかなか手ごわい。

お金との付き合い方も大事ですね。


でも、何でも、高額を出せばいいってわけじゃないですよ。

私も、最近、ある高額コースを、ひとつ下のコースにしました。

選んだ基準は、「お金がもったいないから」ではなくて、

本当にその下のコースがよかったから。


安いから選ぶ

という基準から、

本当に得たいものが得られるものを選ぶ

という意識に変わってからお金の巡りも良くなりました。

高額だろうと、低額だろうとね。



コーチングの成果が得られる人の傾向。

出したものを惜しまない。

中途半端にしない。

納得して、お金を使えている。


長くなったので、

私がコーチングで成果を得ている2つの理由のもうひとつは、また明日。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(ファウンデーション)の記事画像
みんなひとり、みんな孤独
応援したくなる人とそうでない人
スピリチュアルを体験して陥ったこと。
依存的な私からの脱却
今日は良い日?悪い日?
いやぁ、自分の声、口癖、しゃべり方・・・できれば知らないでいたい・・・。
同じカテゴリー(ファウンデーション)の記事
 みんなひとり、みんな孤独 (2015-12-21 16:00)
 応援したくなる人とそうでない人 (2015-12-04 10:15)
 私の前世の話 (2015-09-02 12:00)
 すごく冷たい人だなーって思ったんだよねぇ…。 (2015-09-01 12:59)
 スピリチュアルを体験して陥ったこと。 (2015-08-31 16:29)
 依存的な私からの脱却 (2015-08-21 23:40)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。