2015年03月30日

答えではなく、問いを探す

こんばんは

若林かおりです。


コーチングと言えば、代表的なスキルが「質問」


質問をすることで、相手の中にある答えを引き出します。



コーチングは、「答えは相手の中にある」ということが前提。


なので、コーチは答えを持っていません。


コーチングを学び始めたすぐのころは、これがとっても難しかった。


『コーチが答えを探さない!』


相手が悩みを言えばいうほど、困っていれば困っているほど、解決方法を探してしまう。

で、余計なアドバイスするの。


これはコーチングではなくなります。




大事なのは、答えを与えることではなく

いい問いを探し、問いかける事。


その問いによって、相手が自分の中の答えを探求する。

これが、コーチング。


なぜ、自分の中の答えを探求することが大事かって、

それは、自己開発をするため。

自分の可能性をもっともっと広げるため!


コーチの答えは、コーチの枠内の答え。

それが、相手に合うかもわからないし、逆に制限になります。


大事なのは、答えではない

相手を探求させる、相手を前進させる、いい問い(質問)


質問力!

この力はパワフルですよ~




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(質問の力)の記事画像
この質問、全然会話が広がらないよぉ
モヤモヤが残る質問
考えているようで考えていない。
その質問、会話広がる?終わる?
同じカテゴリー(質問の力)の記事
 この質問、全然会話が広がらないよぉ (2015-06-04 12:00)
 モヤモヤが残る質問 (2015-06-03 13:00)
 考えているようで考えていない。 (2015-05-02 21:00)
 その質問、会話広がる?終わる? (2015-02-02 12:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。