2015年02月24日

走り続けた2時間半、私が考えていたこと


こんにちは。

若林かおりです。


犬山ハーフマラソンを完走から2日。

昨日は筋肉痛でしたが、今日は、だいぶ治まりました。


初ハーフマラソン、約2時間半走り続けていました。

その間、私は、足は痛くなったりしたけれど、「もうダメ~」とか「疲れた~」ということがありませんでした。

とっても気分よく走っていました。


私は、あの2時間半、頭の中であるイメージがずっと繰り返されていました。


私は、そのイメージがあったおかげで、心前向きに走れたのではないかと思います。




走る前日、フェイスブックでたくさんの励ましのメッセージをいただきました。

その中で、

「ゴール直前10mくらいからガッツポーズをするといい写真が撮れるらしいですよ。」


なるほど。

ゴール直前10mね。

ガッツポーズか。

その時、どんな表情がいいかな。

どんな表情になっているかな?


やっぱり笑顔だよね。


ガッツポーズは、両手?片手?

ピースサインがいいだろうか?

その写真は、携帯の待ち受けにしたいよな。

等々等々…


走っている間中、ゴールする時のイメージをずっと考えていました。


これが、ものすごく楽しい。


早くゴールしたい!!

楽しみすぎる~!!


これってすごいことだと思うのです。


コーチングの戦略で、ゴールへのモチベーション維持を目的に、ゴールのイメージを膨らませる質問をすることがよくあります。


ゴールを達成したあなたは、どんな表情なの?

どんな気分なの?

今と何が変わっているの?

まわりの人はなんて言っているの?

まわりの人に、なんて言っているの?

そのシーンを色で現すと?


など。


こうやってゴールのイメージをふくらますことで、現実になりやすいのです。


そして、これらの質問は、ゴール達成できるかどうか?

なんてことは考えないで、まずは、ゴールすることが前提。

これも、ゴール達成できるのかな~という不安をぬぐうものかもしれません。


私自身、イメージが苦手なので、セッションでイメージをふくらます質問をあまりしてきませんでしたが、取り入れてもいいですね!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(ビジョンを描く)の記事画像
やりたいことがわからない
ビジョンを描くのは苦しい…
同じカテゴリー(ビジョンを描く)の記事
 やりたいことがわからない (2015-04-24 08:00)
 ビジョンを描くのは苦しい… (2015-03-19 21:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。