2015年02月10日

こんなこと続けて何になるの?と言われたら…

こんにちは

若林かおりです。


人は、自分が成長できている!と感じている時って、イキイキとします。


成果がでてきた!

上手くいき始めたことを感じることができていると、あぁ、やっていてよかった。と思います。




とはいえ、何かを続けることは大変です。
特に、なかなか成果が見えない時。


芽が出るまでは、

こんなことやっていて本当に成果が出るのだろうか?

何か間違っているのではないか?


と不安になることもありますね。


不安になって、「何も変わっていない!」「成長できていない!」

と、焦ることも。


でも、何かを続けていると、必ず何かしらの変化はあるはずです。

どんなに小さくても。


コーチングセッションでは、

「何も変わっていない気がするんです」

と言われる方には、

「本当に何も変わっていないのですか?」

と聞いています。


そうすると、変わっていないわけではないんですけど…

なんて言い始めます。


何も変わっていないわけじゃないじゃん!


人によって違うとは思いますが、どうやら人は、不安に駆られると、

「できたこと」はどんどん忘れていくようです。

また、できたことよりも「できていないこと」に目がいくようです。


ですから、

継続することに不安になっている人、焦っている人な~と思う人には、

『少しでも前進していること』をしっかり引き出してあげることです。


一番は、しっかりと本人が「できている」「前進している」と、感じられるように、

本人自身が、自分の出来ていることを見つけだすこと。

コーチは、それを見つけ出すサポート。


この辺は質問力かな。


相手にどんな問いをすると、前進できていることが見つかるか?

コーチも探求です。


私も、幾度となく「全然うまくならない!」「全然成果が出てない!」

と、コーチングトレーニングで、自分のコーチに言っていました。

そのたびに、

できていないと感じている中でもできていること、

小さな成長を探して、継続してきましたヨ。


「小さな成長を見つけて、承認する」

仕事でもなんでも、なかなか成果が見えずに、やめてしまいたくなっている人がいるとき、とても有効ですよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。