2015年02月04日

最近の若者は…という枠組みで見えなくなるもの


こんにちは

若林かおりです。


コーチングの3原則というものがあります。


ひとつが、個別対応。


当然ながら、一人一人違う人間。


一人一人に合ったコミュニケーションをとることが原則となっています。




なので、コーチングには、

こうしたら、どんな人のやる気スイッチを押せる!

どんな人のモチベーションが上がる!

なんていう答えは、ありません。


これは、コーチングにない

ではなくて、

世の中に存在しない。

誰にでも合うコミュニケーション方法なんてものはないのです。

万人に合うコミュニケーション方法はないけれど、

人のモチベーションややる気を引き出す方法はたくさんあります。

この違いわかりますか?

たくさんあるので、その人にあった伝え方、引き出し方があるってことですね。



先日、『承認』のセミナーをしていました。

モチベーションの下がる声がけはどんなものですか?

という問いに対して、

参加者の皆さんの経験をシェアしていただいていた時のこと。


無理
ダメ
なんでできないの?

・・・

いろいろ出てきます。


それを聞いていた参加者のおひとりがいいました。

「ぼくは、こういう言葉でやる気が出ます。
なにくそ!と思って、頑張れる。」


まさに、反応は人それぞれ!


人のやる気を引き出すために必要なことは、

まず、相手を知ること。

最近の中学生

とか

最近の若者


という枠ではなく、個人個人を知ること!


それから、自分のコミュニケーションの幅を広げる事。


長い付き合いであっても、性格は知っている、という人でも、

目の前にいる人を、私はこの人について何も知らない!

と思うと、得られる発見はたくさんありますよ。


けっこう自分の枠組みで人を見ているものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(相手を知る)の記事画像
ひとりひとりを伸ばすためには、まず、コレ
同じカテゴリー(相手を知る)の記事
 ひとりひとりを伸ばすためには、まず、コレ (2015-06-23 12:51)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。