2015年01月30日

ない!と思うものは探せないでしょ。

こんにちは。

若林かおりです。


相手の可能性を引き出す、なんて魅力的なキャッチのついたコーチング。


私自身も、もう、3年以上自分にコーチをつけていますが、どんどん可能性が広がっています。


まさか、できるはずもなかったこと。

できないと思っていたけど、やってみたらできた。

そんなことがたくさんです。


(クライアントさんから頂いた手作りはんこ♡)


なぜ、コーチングで相手の可能性を引き出せるか?

いろんなスキルはあるものの・・・


一番の理由は、コーチ自身が、相手を信じ切っていること。

相手には可能性があって、到達したい本当のゴールに到達できる人であるという前提を崩しません。


相手を信じる・・・ということに、何か裏付けがあるわけではないのですよ。


でも、本人以上に、相手には可能性があると信じて接しています。


「ある!」と思わなければ、可能性なんて引き出せませんから。



例えば、部下の能力を引き出したい、生徒の可能性を引き出したいと思ったら、コーチ自身が『ある』と信じることです。

コーチ側が疑っていると当然見つかりません。



相手を「できる人」「可能性のある人」として扱っているか?

ここは、外せません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【提供中のサービス】
パーソナルコーチングセッション
講演・セミナー開催
メールセミナー配信
詳細は、お問い合わせは、以下のページをご覧ください。
コーチングコミュニケーション岡崎HP
同じカテゴリー(あり方)の記事画像
こんなこと言ったら炎上する?
まわりの雰囲気が悪い理由
ゴールへの近道はない
褒められて、非常に不快だった経験
生きるに値する人生
コミュニケーションは、自分磨き
同じカテゴリー(あり方)の記事
 こんなこと言ったら炎上する? (2016-01-12 22:33)
 まわりの雰囲気が悪い理由 (2015-12-14 12:26)
 自分のタイプは、自由自在に操る (2015-07-27 15:10)
 ゴールへの近道はない (2015-07-12 12:00)
 褒められて、非常に不快だった経験 (2015-06-17 14:40)
 生きるに値する人生 (2015-04-06 12:12)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。